staff のすべての投稿

原宿の丘ボランティア室しゃべり場を開催します

主催:原宿の丘ボランティア室

地域交流会しゃべり場

第2弾
~文芸作品・エッセイ・詩から学ぶ~
心に残る美しいコトバ

くわしく原宿しゃべり場チラシをご覧ください
会場案内図

【日 時】 3月5日(月)14:00~16:00
【場 所】 ケアコミュニティ原宿の丘 調理実習室(神宮前3-12-8)
【講 師】 児童文学者・日本児童文学者協会会員 小嶋 雄二
【内 容】 講義「豊かなコトバの世界」を求めて旅に出ましょう
参加者交流
【申込み】 事前申込制
しぶやボランティアセンター  03-5790-0505
(月~金 9:00~19:00/土 9:00~18:00)

区内こどもテーブルでのボランティア募集

区内こどもテーブルで子ども達と一緒に遊んだり、簡単な調理補助をして下さるボランティアを募集しています。

【団体紹介】
「リフレッシュ氷川こども食堂」
フードドライブを活用し、食品ロスの問題を考えながら、近隣の小学生を対象とした子ども食堂を実施しています。
参加者30人前後です。

【活動内容】
・子ども達と一緒に遊ぶ
・簡単な調理補助
※交通費支給

【活動日時】
毎月第2月曜日 15時30分~19時30分

【活動場所】
リフレッシュ氷川
(東1-26-23)

【申込方法】
渋谷区社会福祉協議会 担当:遠藤
渋谷区宇田川5-2 渋谷区役所神南分庁舎1階
☎ 03-5457-2200
平日 8:30~17:15
※「こどもテーブルボランティアの件」とお電話下さい。

地域交流会しゃべり場(ひがし)を開催します(終了しました)

主催:ひがし健康プラザ ボランティア室

地域交流会しゃべり場
肩甲骨ほぐしの
あくび体操
~自分の体は自分で治そう~

くわしくこちらをご覧ください

【日 時】 2月24日(土)13:30~16:00
【場 所】 ひがし健康プラザ(東3-14-13)
【講 師】 たんだ あつこ氏(あくび体操主宰・ほぐし研究家)
【内 容】 講義、体操、参加者交流
【持ち物】 ・フェイスタオル(長さ75cm~90cmくらいのもの) ・飲料水 ・動きやすい服装 ・はさみ
【申込み】 事前申込制
しぶやボランティアセンター ☎ 03-5790-0505
(月~金 9:00~19:00/土 9:00~18:00)

障がい理解講座(知的障がい編)の開催(終了しました)

(終了しました)

障がい理解講座(知的障がい編)を開催します。
知的障がいの基本的知識を学びたい方、知的障がいのある方へのボランティア活動や支援に関心のある方は、ぜひご参加ください。

【日 時】  2月16日(金)13:00~15:00  ※受付 12:30~

【内 容】
① 講義 知的障がい者の基本的知識
② 見学 はぁとぴあ原宿の施設見学
③ ボランティアセンターの事業紹介、ボランティア活動の説明

【講 師】  はぁとぴあ原宿職員

【場 所】  はぁとぴあ原宿(渋谷区神宮前3-18-37)

【定 員】  10名(先着順)

【費 用】     無料

【申込み】   電話または来所にて受付

【申込み・問い合わせ先】 しぶやボランティアセンター   03-5790-0505

 

第19回せせらぎまつり参加団体募集(受付を終了しました)

受付を終了しました
当落の発表は3月15日頃発送予定です。

趣旨
せせらぎまつりは、総合ケアコミュニティ・せせらぎを拠点とし、地域住民を中心に、多くの区民が集い、区内で活動するボランティア・地域団体・NPO・企業等と交流連携して、共に支え合う福祉の心を育み、新たな地域コミュニティの構築をめざすことを趣旨として開催します。
合言葉は「せせらぎへ行こう!」
日ごろから福祉活動を中心に行っている団体で、この趣旨に賛同し、せせらぎまつりを盛り上げてくださる団体の参加をお待ちしています!

開催日時
平成30年5月13日(日) 午前10時 ~ 午後3時30分

開催場所
総合ケアコミュニティ・せせらぎ

申込み方法
所定の参加団体申込書に必要事項を記入の上、FAX、メール、または、ボランティアセンター窓口持参にてお申込みください。なお、こちらから申込書到着の返事はいたしません。必要であれば、締切日前までにお電話にてご確認ください。申込み内容に不明な点がある場合、事務局より申込み担当者様へご連絡いたします。

申込み締切
2月28日(水) 午後7時必着

参加決定通知:3月15日(木)発送予定

詳しくはこちら→参加団体募集要項
申込用紙はこちら→Excel PDF

せせらぎまつりの様子

特技ボランティアの登録者募集

しぶやボランティアセンターでは、
特技ボランティアの登録・情報発信・紹介を始めることとなりました。

趣味やお仕事などで培った特技・知識・経験を活かして、
ボランティアとして活躍してみませんか?

■ 特技ボランティア紹介までの流れ

① 特技ボラの登録
特技ボラの登録を希望する方は、登録申込書(①エクセル,②PDF)を提出してください。

② 登録情報の公開
ボラセンのホームページで、登録一覧の情報を、匿名で発信します。 ※2018年2月より公開

③ 特技ボラの依頼
特技ボラを希望する団体や施設などは、依頼書をお送りください。

④ 登録特技ボラに連絡
ボラセンから、ご希望の登録特技ボラに連絡します。

⑤ ボランティアの紹介
団体や施設などに、登録特技ボラを紹介します。

■ チラシ   こちらをご覧ください

■ 登録申込書 ①エクセル ②PDF

■ 問合せ
しぶやボランティアセンター
電話:03(5790)0505
FAX:03(5790)7521
メール:shibu-vc@u06.itscom.net

【活動報告】障がいを知ろう!弱視・聴覚障がいの世界 私たちにできること

トランスコスモス株式会社に協力して頂き行っている、弱視・聴覚障がいなど目に見て分かりづらい障害についてまずは知るという事。また、どのような時に手助けが必要か知り、街中で困っている人がいたら自然と手助けができるようにという目的でこの講座を開催いたしました。
トランスコスモス株式会社にお勤めで障がいをお持ちの方が講師になってくださいました。

障がいについての基礎知識や、体験談などの講義。障がいをお持ちの方の目線で話されるため、「こういう時に困っているんだ!」などと、参加者のみなさまの気づきになったと思います。

その後の体験
聴覚障がい側では、筆記・手話を使わずにどのように聴覚障がいの方に文章を伝えるか参加者皆さん試行錯誤しながら考えていました。
お兄さん・おじいさん
タバコ・たまご
東京・京都 など・・・
口読では難しい事をどのように伝えるかがポイントだったみたいです。
最後には簡単な手話も教わりました。

弱視体験ではロービジョンキットを使用して、狭く暗い道を歩いてもらったり、暗い中でのものの判別の体験、文字を読み、折り紙を作ってもらいました。
人それぞれ症状違うと言いますが、体験を通してより理解が深まったようです。

誰もが住みやすい街づくりのために、理解する。という事が大事な事だと実感しました。あたたかい街づくりのために今後も、啓発活動を行っていきたいと思っております。

【活動報告】区内学校での車いす講座サポーター養成講座を開催しました。

雨天続きの中、天気が心配しながら行った車いすサポーター養成講座。
当日は天気にも恵まれ、9名の方の参加がありました。

過去の様子を写真で見て頂き、イメージをつかんでもらった後、実際に車いすの使用方法を教わりました。

その後、実際にせせらぎ周辺を車いすの介助体験。

普段歩いていると気付かない段差や、段差の大変さなどを経験して頂きました。
自身で車いすを動かす事も体験して頂いたのですが、参加者が男性が多いのもありとても楽しそうでした。

最後にトランスコスモス株式会社から車いすユーザーの目線について話して頂きました。実際に車いすを使用して生活している方の話は、体験した後なのもあり参加者の心にとても響いたようです。

今回、しぶやボランティアセンターで行っている区内の小中学校車いすの体験授業のお手伝いをしていただく、ボランティア(通称車いすサポーター)の養成講座でした。参加して下さった方が今後、サポーターとして小中学校で活躍して頂く事になり、心強い仲間が増えることになりました。

車いす体験学習を希望する学校のみなさま、お気軽にお問合せください。(※希望日の2か月前までにご連絡ください。)

渋谷区こどもテーブルの英語の学習支援ボランティア募集

こどもテーブル「2020年東京オリンピックに向けて英語を学ぶ会」では、 大学生以上の方で、英語に興味のあるボランティアスタッフを募集しています。

■ 活動内容
小学校低学年のこどもを対象に、簡単な英語を教える講師の補助

■ 活動日時
毎月2回 土曜日の13:30~14:30

■ 活動場所
総合ケアコミュニティ・せせらぎ(西原1-40-10)

■ チラシ こちらをご覧ください

■ 問合せ
2020年東京オリンピックに向けて英語を学ぶ会 担当:川路
電話 090-1885-1964
電子メール toshikikawaji@hotmail.com