活動報告記

当センターの過去に行われた事業の情報です

傾聴ボランティア講座を開催しました

DSCN4351

6月29日からスタートした傾聴ボランティア講座。
7月6日と20日の全3回の講義と施設での傾聴ボランティア体験をセットにして、29名の受講生にご参加いただきました。
NPO法人KeiChoネット理事長の武藤圭子氏を講師にお迎えして、講義とロールプレイで傾聴とは何かを学びました。
今回の講座をはじめの一歩として、今後のボランティア活動へと活かしていただければと思います。武藤先生、ご参加いただいた受講生の皆様、ありがとうございました。

2016年6月 ボランティアオリエンテーション(報告)

20160608オリ②

今回は6月8・10・11日の開催となりました。そのうち8日はお昼と夜の2回開催だったので、全部で4回の開催なりました。8日の夜の部は渋谷にあるパン屋さん、パン・オ・スリールでの開催となりました。
その時の模様はこちら(パン・オ・スリールさんのfacebookにつながります)

次回のボランティアオリエンテーションは9月を予定しています。日程・場所は決まり次第、ホームページ・情報紙でお知らせいたします。

2016年5月15日(日) えびすふれあい広場

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

鉢山中学校で行われた「えびすふれあい広場」にボランティアセンターとボランティア室PRのために、ひがしのボランティア室のアドバイザーと一緒に参加しました。昨年と同じく空き缶釣りゲームをやりましたが、先週のせせらぎまつりに続いて好天に恵まれ、大勢の方に来ていただけました。

2016年5月8日(日) 第17回せせらぎまつり

まつり当日の模様はこちらから聴くことができます(渋谷のラジオ・2016年5月10日(火)11:15~12:00放送・渋谷隣人祭り ~ 第17回「せせらぎまつり」レポート)。

まつり当日の写真です。
20160508せせらぎまつり②開会

代々木中学校吹奏楽部の演奏で始まった
開会式

 

20160508せせらぎまつり⑤-22階 
20160508せせらぎまつり⑥-2GG
天気にも恵まれ大勢の人で
にぎわいました。

 

20160508せせらぎまつり⑦marimba
メイン企画のマリンバコンサート。
こちらもたくさんの方に来ていただき盛り上がりました。

2016年3月13日(日) ボランティア交流会

20160313V交流会

3月恒例「ボランティア交流会~ありがとうパーティー」(ボランティアセンター主催)を開催いたしました。前日準備から当日の運営まで、さまざまな面でボランティアアドバイザーのみなさんのご協力をいただき、盛況のうちに終えることができました。

また、長年ボランティア活動をされている4名の方と、区内の高齢者施設で活動した1団体に社会福祉協議会会長より感謝状と記念品を贈呈いたしました。

その後、元タカラジェンヌのお二人がステージに登場。ソロやデュエットおなじみの「スミレの花咲く頃」ではテーブルの皆さんも一緒に歌いながら、楽しい時間を過ごしました。また、おひとりは介護運動の資格をお持ちで、予防体操では場内笑いで溢れ大いに盛り上がりました。

20160313V交流会②

午後は恒例のクイズ大会、最後は児童合唱「どんぐりのド」の楽しくて、かわいらしい歌声で幕を閉じました。この会でできたつながりが、これからのボランティア活動へと広がっていきますように。今後ともよろしくお願い申し上げます。

20160313V交流会③

2016年3月7日(月) 地域交流しゃべり場 原宿の丘ボランティア室

美食

~身体の中から美しく~

春になり、おしゃれを楽しみたい季節です。そこで、本当の美しさは体の内側から…ということで、「美」のためには、どのような食べ物を選べばよいのかというお話を伺いました。

また春らしいミニクッキングで桜餅、冷凍たまごを使ったひと工夫の目玉焼きを作り、わきあいあいとした時間を過ごしました。

20160307原宿しゃべり場

2016年2月22日(月) 地域交流会しゃべり場 笹幡ボランティア室

今、渋谷区の災害対策を知ろう!

~家族と地域のために~

渋谷区危機管理対策部地域防災課の方をお招きし、有事の際、区内の備えがどうなっているのか、具体的なお話を伺いました。

笹幡しゃべり場

食糧は?ライフラインが止まったら?避難所はどこ?…こうした機会に話を聞かないと、日頃何を調べておいたらよいのかもわかりません。阪神・淡路大震災のときの記録映像やクイズを交え、身近に迫る危険から自身や家族、そして地域を守る方法をみんなで考えました。

2016年2月20日(土) 知的障害のある人との接し方講座

2月20日(土)毎年実施している「知的障害のある人との接し方講座」を今年も実施しました。

午前中は区内作業所の職員から知的障害のお話を聞いたり、施設に通う知的障害の人が実際の働いている姿を見せてくれたり、発表する場面もありました。昼食は知的障害のあるみなさんと一緒に、おいしく楽しい時間をすごしました。

20160220知的講座②  20160220知的講座①

午後は服部栄養専門学校の先生を講師にお招きし、みんなと一緒にマフィンとサクサク苺ショコラを作りました。どれもおいしくでき、お土産もできて満足の仕上がりとなりました。

この講座をきっかけに、受講者の皆さんが知的障害のある人たちとの地域交流の輪を広げていってくだされば…と思います。