お月見

11月1日の夜ボランティアさんから1本の電話が。
「今日は十三夜でお月様がとてもきれいだから外に出て見てみなさい。」とのこと。
外に出て空を見上げてみると煌々と輝くお月様が。

これは皆さまにも共有を。と思い、カメラを持って外でスタンバイ。
そんなことしていると通りかかった方達も空を見上げて「綺麗ね」なんて会話が。

”綺麗”を共有とっても素敵な事ですね。
お電話いただいた方は名古屋にご旅行中で月を見ていたそうなのですが…
空は繋がっている証拠ですね。
月を見てとてもパワーをもらえました。

最近は十五夜に月を見るとされていますが、日本独特の風習は十三夜だそうです。
また、十五夜と十三夜はセットで見ないと片月見といって嫌われていたりもしていますが、ついつい忘れてしまいがちな十三夜。
皆様にもこの名月をおすそわけです。